ページの先頭です。本文を読み飛ばして、このサイトのメニューなどを読む

サイト内の現在位置です:

  • カテゴリ 手あれ克服 の最新配信
  • RSS
  • RDF
  • ATOM

Relax blog - 手あれ克服カテゴリのエントリ

やさしい手を取り戻す作戦・・・2

カテゴリ : 
手あれ克服
執筆 : 
hemo 2009-1-9 14:09

やさしい手を取り戻す作戦・・・1で指先が割れたり、割れそうになったときに液体絆創膏の利用をご紹介しましたが、


今回はそうなる前の手荒れ予防について。


やはり手軽な予防法はハンドクリームだと思います。
とはいえ、液体絆創膏以上に沢山あるハンドクリーム。


手荒れの酷かった昔は皮膚科に通ってハンドクリームを貰っていましたが、はっきり言って面倒です。
ドラッグストアに行けば、手荒れに良いとされる「尿素」配合のハンドクリームが沢山ありますから。


ただ・・・
水仕事の後にこまめに塗っていても、皮脂が洗い流されるのは水仕事中なので、なんかむなしい・・・というか、塗る頃にはすでにがさがさになっていますよね。



そこでコレを使ってみました。

AVON ハンドコーティングクリーム


このハンドクリームは私の一番のお気に入り!


理由その一・・・べたつかない。
理由その二・・・無香料なので台所仕事でも気にならない。
理由その三・・・塗って水仕事をしてもヌメらない。
理由その四・・・価格が安い!


なので、台所に1本用意して水仕事前でも最中でも、気が付いたときに塗る!ひたすら塗る!

結構いけます。



それでも、年末ちょっとひどいなぁ・・・と思ったので、ハンドクリームをたっぷり塗った上に


綿の手袋で就寝。
2〜3日でかなり改善されました。



よ〜し、今年は手荒れに負けない!

そんな気がします。

できれば多くの方にすべすべやさしい手を取り戻していただけますように。

やさしい手を取り戻す作戦・・・1

カテゴリ : 
手あれ克服
執筆 : 
hemo 2009-1-8 12:33
やさしい手を取り戻す〜手あれ克服法」として、重曹とU-クリーンについてご紹介していましたが、それでもやはり手あれを克服することはなかなか・・・というのが正直なところ。

重曹とU-クリーン、どちらも成分は優しいのですがU-クリーンの洗浄力などはいつぞやのテレビCMで有名になった洗剤同様に抜群。
しかも、この冬の季節はお湯を使ってしまいますから手肌の保護成分もきれいに洗い流されてしまいます。

私の手荒れの現状は、昔から比べて遥かに少なくなったとはいえ指先やつめのキワは硬くなって時々割れてきます。皮膚が硬くなっている分、傷口が深く裂けてくるので早めに対処しないと何時までたっても治りません。

で、どうしていたかというと・・・
お風呂上りなど皮膚が柔らかくなったときに、痛いのを我慢しながら爪切りで硬くなった皮膚をパチンッ
でも、そのあとがまた割れやすくなるんですよねぇ・・・

ですが今期はそれもめっきり少なくなりました。
液体絆創膏がとっても便利!

↓こんなのとか



こんなの





皮膚が硬くなって、なんとなくかすかな痛みを感じたら、たとえ割れていなくてもその部分に液体絆創膏を塗ります。
剥がれかけても、剥がさずに重ね塗りして2〜3日は大切に保護します。
そのうちしっかりと皮膚が復旧しています。

さて、液体絆創膏って、いまや沢山在るんですねぇ・・・

どれが使いやすいのか、剥がれ難いのか・・・
ご意見いただけると嬉しいですね。

やさしい手を取り戻す作戦・・・つづく

ページの終端です。ページの先頭に戻る